カルビィ〜のゲラゲラ爆笑ブログ〜

ゲーム好きな人がたわ言をめっちゃ言います。日常のどうでもいい事から作品紹介とかを。https://mobile.twitter.com/kaichan_24 ←Twitter

キャラゲーについて…

デカすぎるぬいぐるみが届いたカルビィです。
ベッド占領されたよ…

キャラゲーに視点を当ててちょこっと書きます。
まずキャラゲーってなんぞやと言うと、漫画やアニメやドラマなんかの原作が元になったゲームですね。
DBやワンピースのゲームがそれです。

ファミコンの時代からキャラゲーというのはずーっと存在してるわけで、その歴史は深いです。
最近は、漫画やアニメも指数関数的にドンドン増えていって、キャラゲーもそれに応じてバカスカ発売されている訳です。
そんなキャラゲーに思うんですけど…
キャラゲーのクオリティの格差ヤバくないですか?
原作の理解度が高くて、世界観の再現も素晴らしく、それでいて遊べるゲームもあれば、その真反対で原作要素のカケラもなく、世界観ぶち壊し、ゲーム性すらサイアクと言った悪魔の如きゲームも存在するのです。具体例は敢えて出しません。

前者の場合は理想ですね。きっと原作のファンが作ってくれているのでしょう。
でも問題は後者です。いや、最悪なゲームが存在する事自体は別にしょうがないと思うのですが、キャラゲーの場合それが常識の範囲を超えて多過ぎるのがいけないのです。
粗製乱造というか、原作そのものを舐めているとしか思えない出来のものが余りにも多いのです。

原因を考えてみましょう。
大抵は、製作陣が原作や原作ファンを舐めて作ってるパターンでしょう。
というかこのパターンで大体片付きます。
ゲームが低クオリティになってしまうのは、人員が少ない、予算が足りないなど、制作に重要な要素が欠けてしまっているからです。
これは、製作側のお偉いさん方が『こんな原作の為にカネを使うとかもったいねぇよ』とケチるからだと考えてます。
人員が足りないケースもありますね。これも大体一緒です。
原作を舐め切ってるから、最新のゲームだというのに人を雇わず、ケチってクオリティが低くなるんです。売っても金にならないと信じているのです。

他にも原因は考えられます。
既存のゲームにキャラを当てはめただけのパターンです。
これは大抵の場合、ゲーム性こそ保証されるものの、原作要素が微塵もないってことでキャラゲーとして0点になります。
ソシャゲは比較的作りやすくて、その傾向が高いですね。
アニメの販促としてよく出されます。そしてかなりの確率で売れない。
このパターンは多分、ゲーム製作の新人たちに研修的な目的で作らせているからだと思ってます。違うと思うけど。
フォーマットが出来上がっているゲームならば、キャラを当て嵌めてテキトーに描きおろしてもらえば済む話ですからね。
舐めてる可能性もアリ。

あと、原作愛はあるけどゲーム性がダメなパターン。
これはファンアイテムとして貴重にされる割合が高いです。
原作とゲームシステムが絶望的に噛み合っていないのに、原作再現をしようと奮闘した結果です。哀しい。
こういう系統のは基本的に力が入ってるのがわかる箇所が随所に散らばっていて、側からだと見応えがあります。
動画サイトでみると良ゲーに見えるパターンですね。

キャラゲー界というのは魔境もいい所です。地獄です。
出せばチョコっと売れるけど、爆発的に売れないと言うのはやはり痛いです。
でも、最近は良ゲーも増えているんです。
だからゲーム製作会社の人にはホントに頑張ってほしい次第です。
頼むからカネをかけてほしい。あとアニメに合わせずに原作に合わせてキャラは出して欲しいですよね。

今回はグチぽくなりました。
毒抜きという事です。猛省。
それでは、また。