カルビィ〜のゲラゲラ爆笑ブログ〜

ゲーム好きな人がたわ言をめっちゃ言います。日常のどうでもいい事から作品紹介とかを。https://mobile.twitter.com/kaichan_24 ←Twitter

そろそろ…?

任天堂が好きと言っても、ピクミンやFEとかは遊んだことのないカルビィです。

でもゼルダとかは遊びます。
今回はゼルダの話な。

こないだのニンダイ(E3の一個前)から、もう随分と時間が経ちましたね。
ほんの数週間前だと思っていたのに、時間の感覚が徐々に狂ってきてます。

そのニンダイで公開された、『ゼルダの伝説 スカイウォードソードHD』なのですが、発売がもう間近になってきましたね。
はじめて新作のゼルダに触れたのがこれだったので、思い入れの深いソフトであります。
私のゲーム観を作り上げてくれました。

今作の目玉の一つとして、従来のゼルダとは一味違った、Wiiリモコンを使った直感操作があるのですが(本当はWii版のトワプリもそうでした)、Switchで出ると発表された時に真っ先に疑問に浮かんだのはコレでした。
Switchは基本的にボタン操作で動くのですが、これでどう動きを再現するんだというものです。

んで、後に映像を見て、Switchのゲームに対する柔軟さにビックリ。
Switchのコントローラー、Joy-ConWiiリモコンの様に動きを感知するセンサーがあったのでした。
それがあるのは知っていたのですが、あんな小さいコントローラーにWiiリモコンのソレをも上回る繊細なセンサーが内蔵されているとは思っておらず、現代の技術力に驚かされました。

さて、そんな直感操作こそ再現性は素晴らしいのですが、Switchは携帯機にもなるゲームということで、外で遊ぶ事も想定しておかないといけません。
しかしスカウォはコントローラーの動きのセンサー依存で動くゲームです。
これでは外で遊べませんねー。困った困った(棒)。

そんなわけありません。
任天堂は優男です。気遣いの神な訳ですね。
無論そんなことはお見通し、キチンとボタン操作専用のキーコンも用意してありました。

それは、剣を振ると言った動きをRスティックの動きで再現するというもの。
なるほどこれは素晴らしい。
下に振りたいんなら、下に弾けば剣は振られます。
突き攻撃がしたいのなら、押し込みをすれば良いと。
完璧です。

ただ、1つこの記事を書いてる時点で気になってる事があって、盾の動きとか、剣以外の挙動のことです。
俺まだ紹介映像とか見てないので、バクダンを転がしたりする動きはどんな感じなんだろうと思ってます。
Rスティックじゃやり難いだろうし、Lスティックに当て嵌めるわけにもいけませんし。
Z Rとか押しながら弾く、みたいな操作になるんでしょうかね?
ここら辺の解決がホントに任天堂さんは上手いので、是非期待しちゃいたいと思います。

という訳で今回は、敢えてゲーム内容に触れずに操作感の話だけでした。
たまにはこういうゲーム雑談も良いでしょう?
意外に書いてて楽しかったので、また何回かこういった記事を書いてこうと思います。

それでは、また。