カルビィ〜のゲラゲラ爆笑ブログ〜

ゲーム好きな人がたわ言をめっちゃ言います。日常のどうでもいい事から作品紹介とかを。https://mobile.twitter.com/kaichan_24 ←Twitter

祝?呪?

企画力Gのカルビィです。
イデアを捻り出すのが難しいんですよ。

『俺もブログに手ェ付けて、いっちょ人気狙うか!』と意気込んで1年。
更新頻度の少ない一般ブログが人気を博す訳がなく、ここまでズルズルと続いてまいりました。
1年前の自分に申し訳ないというか、ハッパかけてやりたいと言うか…
酷いファーストラウンドでした。

反省する気持ちがあるのなら更新頻度を上げるなりして誠意の気持ちを見せつけてやりましょう。
幸いにも私のフリック入力の速度は割りかし早い方なので、早め早めに投稿は出来ると思いますよ。
ある程度書く形式も決まってますし。
話題なら腐るほどあります。
ネタも入れたら文字数も稼げて楽です。

今日からは誠心誠意心を込めてブログに生きたいと思います。
ブログさいこー!

…なら何でそれがわかってて今まで更新出来てなかったんだ………?????

それはそれとしてこんなダメブログを見てくださってた皆さんには本当に感謝しきれないです。
マジで励みになってます。ありがとうございます!!!

お題にそれよ

4月病がなんたるかを知らないカルビィです。
ググれよ。

書くことが無いです。
頼みの綱の『今週のお題』も『お弁当っていいよね』などという言葉に困る様なお題で話せません。

弁当って便利ですけど、味は落ちるし見た目も悪くなるし運が悪いと味が混ざったりで、本当にただ『飯を持ち歩く為の道具』ってだけなんで困りますよね。
そもそも食事と言うのはその場のモチベーションとやる気がある限り美味さを追求出来る物なんですよ。
ですがこの弁当と言ったら、そんな愛情やら激ウマの食材なんかを放り込んで手間かけ暇かけで作り上げても、数時間したら冷め冷めの残飯みたいなのが出てくるんですよ。
酷くないですか?

混ざるというのは普段の食卓でもたまに起こることですから、まあ仕様がないのですが、冷めるというのがいかに大問題かって話ですよ。
想像してみて下さい、高〜い最高級の肉をアツアツの鉄板で焼いた鬼ウマのステーキ。
醤油だろうがワサビだろうが辛子だろうが納豆のタレだろうが、何つけても絶対に美味いんですよ。
冷めるまでは。
弁当の抱える重大過ぎる問題なんですよ、冷める!
冷めたステーキって何が美味いんです?
噛めば噛むほど溢れ出てくる肉汁がまるで嬉しくありません。
食感も良いのに残念の限りでございます。
冷めるってだけで。

なんで私は弁当が大の苦手です。
冷めない弁当でも出てくりゃ良いのに。
使い捨てタイプだけじゃないですか。
弁当に技術を注ぎなさい、エンジニアは。

という訳で弁当で割かし書けました。
弁当を洗って来るので私はここで立ち去ります。
それでは、また。

来なさそうなら先回り

寝るのとゲームするのと、どっちをしようか迷うカルビィです。
もうこの2つしか選択肢ない時点で酷いけど、寝るよりマシでゲームやっちゃう。

どうせ5月の挨拶とか絶対書かないと思うので、先回りして書きます。 4月は置いてきました。

4月も終わりましたね。 大分薄着でも暖かく感じるようになってきました。
1年前にこどもの日について書きましたね。
こどもの日って何がおめでたいのか未だにわかってないです。 
あとちまきマトリョーシカは発売されてないのでそろそろ特許申請しようと思います。
500000本は堅いですね。

万一売れなかった時のために、鯉のぼりで新商品を作ります。
私魚より肉の方が好きなのでステーキを上らせましょう。
安直なネーミングですが『ステーキのぼり』ですね。
コレ家に付けてたらステーキの精霊に愛されます。 鯉の精霊に愛されるより嬉しいですね。
内側見たらちゃんと火が通ってるんですよ。
凝ってますね。 

下からレア、ミディアム、ウェルダンの順に上らせたら完成です。
これはインスタ映え間違い無しです!
コーンも添えとくとなお良し。



何が言いたいんだ、私は。



そんなわけでこどもの日の恒例(にしたい)のダメ商品開発部でした。

イデアが枯渇(5月にかけてる)したので寝ます。
それでは、また。

マリオギャラクシー1その壱

友から『オメーとっととブログ更新しろやバカタレが!!!
どうせ毒にも薬にもなんねーよーな無駄な文しか排出してねーのに何焦らしてんでい!!!べらぼうめい!!』と言われたので2連投稿をば。 どっちもマリオですがね。

結構前に『マリオギャラクシー』買ったって話しましたよね。
あの時確か感想書くとかどうとか書いたと思います。
とりあえずクリアーしたので、思い出しながら書いていこうと思います。

…このブログって基本的に行き当たりばったりで書いてるので、『今後、感想を書きます』があんまりアテになんないんですよね。
という訳で以前の記事の伏線(?)回収をするのは初めてなので、拍手でもしながら見てって下さい。

ゲームを始めて、ファイル画面。
なんとファイルが7つもあります。
64で4つ、サンシャインで3つと弱体化したかと思いきやいきなり7つです。 多い!
因みにこれ以降のマリオは大体3つです。 オデッセイはユーザー毎にファイルが生成されるので実質8。
世代を経て強化されたり弱体化されたり、謎の多いファイル数です。

オープニング。
星くず祭(流れ星が降ってくる時期に行う祭らしい。避難した方が良いのでは?)が開かれるという事でマリオがピーチ城に招待され、嬉々として城に向かうのですが、その途中でやはりというかクッパに襲撃され、ピーチ姫が誘拐されてしまいます。

しかも今回のクッパは今までとは違って相当激しめに攻め込んできます。
何せ城を周りの地面を丸ごと持っていって誘拐するのですから、スケールが違います。
息子に拐わせたりしてた頃とはわけが違いますね。本気だ。

追いかけようとしますが、やたらと強いカメックに手も足も出ずに宇宙に放り出されてしまいます。
マリオ、死んだか?と思ったら知らない場所で目覚めてました。
んで『俺を捕まえられるか?』と挑発してくるうさぎに実力を見せつけてやったら姿が変わって不思議な1頭身のキャラクター、星の子『チコ』だと正体を表します。 結構カワイイです。

このうさぎを捕まえる場面、ステージが丸型の小惑星になってて、地形が平面では無いのでかなり初心者にはやり難いと思います。
でもコレが慣れると楽しい。 任天堂はこういう斬新な発想を面白く転換させるのが上手く感じます。

そうこうしてる内にチコ達の親玉登場。
水色のドレスに身を包んだ、後に超が付くほどの人気が出て他のマリオに引っ張りだこになる『ロゼッタ』さんです。
今までのマリオにはいなかった、ミステリアスな容姿が目を引きます。

ロゼッタが言うには、クッパの目的は宇宙にクッパの帝国を創るという事、それの為に力の塊である『パワースター』を奪われ、その力で宇宙を旅する自分達は非常に困っている、という事らしいです。
クッパがいつにも増してとんでも無い奴になってます。
クッパの国ってのはどんなのでしょうか?やっぱり徴兵制なんですかね? 
外伝でのクッパ軍団の待遇を見る限りはブラックじゃ無い気がしますが、溶岩まみれで暑そうなので私はNGですね。

ピーチを救う為、パワースターを取り戻すため、利害の一致でクッパを(また)倒す事になりました。
星から星へと飛び移る為の射出装置、『スーパースターリング』(オレンジ色で星型。近くでスピンをすると別の惑星の飛んだりできる。便利そうだから通学に使いたい)で最寄りのスターの所へ飛んで、いよいよマリオの冒険がスタートします!!

先程の様な天国の如き小惑星とは打って変わって、クッパ軍団の居る危険な小惑星に着地。
こっからは落ちたらブラックホールがあったりして、即ミスになります。
まぁチュートリアルステージをクリアー出来ないわけが無く、簡単にクリアーしちゃいましたよ。



…嘘です… 。踏み外して何回か死にました…。

んで、はじめてのパワースターをゲット。
しかもそのスター、あたりの電力の大体全てを担っていたらしく、スターの中でも一際デカい『グランドスター』でした。 いきなりこんな大物良いんです?

余談ですけどこのスター、よくわからない装置の中に入れられてゴウンゴウンと力を吸い取られてたんですが、それを見たチコが『このままじゃスターが死にます』って言ってたんですよ。 
アレ生きてたのかよ、という疑問ともう一つ、オデッセイにスターに似たムーンって奴の力を大量に思いっきり吸い込んで電力にしてる場面があるんですが、コレってどうなんですかね…? やっぱり死んでる?

グランドスターと共に飛来した先は、ロゼッタ達の拠点、つまりはこれからの冒険で世話になる『ほうき星の天文台』でした。
んで、取り戻したスターは一体どこに行くのかというと、天文台の真ん中にある動力炉みたいな所に取り込まれてしまいます。 …コレも緩やかに力吸い取って殺してる気がする…。

動力の一部が戻ったって事でほんのちょっとだけ天文台に光が戻って、見えない程暗いレベルだったのが、割と見える程度のレベルに上がります。
ただ、やっぱり1個分しか無いので大部分は暗いままです。
まぁこの暗い所が沢山あるってのがワクワクするんですけどね。
スターが戻れば戻るほど、天文台も見えるステージが多くなって、より遠くの星に行けるらしいです。

そんなわけで最初のワールド、テラスへGO!!!
って所で今回は終わりです。 まだチュートリアルと世界観しか説明してねぇ!
ふざけんなって人は続報を待って頂戴な! すぐ書きますから。

というか説明に時間かけすぎました、反省して今度からは短く書く様に努力します。
皆さんもマリオギャラクシー神ゲーなのでやってみて下さいね。

それでは、また。

令和だぞ!?

令和だろうと平成だろうと大して変わらないカルビィです。
元号で人は変われねェ。

最近、何かと昔の作品が再注目される流れがよく見られますよね。
エヴァンゲリオンだったり、エイプリルフールで、とんでもないコラボをした事についてTwitterのトレンドに上がっていた、ボボボーボ・ボーボボだったり。 スラムダンクが映画化したりで。

メチャクチャ喜ばしい事だと思います。
好きだけど、もう終わっちゃったしな……って作品が世間で再び日の目を浴びるのはとても嬉しいです。
恐らく当時読んでたような人々が業界のお偉いさんになったんでしょうな。
私はまだ、古いものを懐かしむ様な歳ではないと思うのですが、一応そういうのはあります。
大体DSやWii辺りのゲーム達ですね。

マリオギャラクシーとか、マリオWiiとか、マリオカートDSとか、マリオカートWiiとか。 マリオばっかじゃねーか。
んで、これらのちょっと懐かしい(ちょい懐と言うと死語感が出てグッド)作品群の中でも密かに私の中でキてるヤツがあります。

『Newマリ』です。

Newマリオシリーズの始祖ですね。 所謂無印。
カベキックとかヒップドロップとかの3Dマリオの要素が2Dに組み込まれて、全く新しいマリオに生まれ変わったって言う革命的なゲームです。

なんでコレがキテるのかって言うと、このNewマリに関するちょっと面白いチャンネルを見つけたからですね。
多分1回診てもらった方が早いのでとりあえず見てみて下さい。
時系列とか無いので好きなの見てもらって構いません。

https://m.youtube.com/channel/UCBCeyxojPL3gRmp3QiKaa-w/videos

そう。
Newマリの本筋には全く関係ない、2人対戦専用のおまけモード。
『マリオvsルイージ』です。
このチャンネル、毎日毎日このマリオvsルイージをやってるだけの動画を投稿し続けているんです。
しかもこの時代にNO編集で。 ただ、一戦だけ垂れ流してるだけ。
タイトルもなんの捻りもなく、『マリオvsルイージ 〇〇 NSMB』だけ。概要欄すらまともに書かれてません。
淡白も良い所です。
YouTube黎明期ですらこんな淡白なの珍しいくらいです。

しかし、不思議と再生してしまう魅力があるんですね。
まず何が面白いってこの動画の人達、マリオ達を動かすのが超上手い。
対戦を極め過ぎて達人の域に入ってます。
しかも回数を重ねる毎に動きが洗練されていって、最新の動画とか同じ人間が動かしてると思えません。 上手過ぎ。
とにかくキャラコントロールが凄いんですよね。

そしてそんな達人2人が争うものですから、たまにとんでもない珍プレーが起きます。
穴に2人ともスポーンと落ちたり。
相当面白いです。

動画時間が短いのも良いです。
大体5分ぐらいで終わるので、スナック感覚でチョコっと見るのに凄い向いてて、毎日投稿されてるので飽きもきません。
やっぱり続けるのは凄い力になりますね。おぉ俺に刺さる刺さる。
大切な事気付きましたー、ありがとう投稿者さん。

そんな訳で今令和の時代にDSのゲーム動画をひたすら上げてバズってるチャンネルのお話でした。
私も久し振りにマリオvsルイージやりたくなってきましたね。
喧嘩の元になる行動さえしなければなかなか駆け引きが楽しくてクセになりますよ。
…でもやる時間、無いですね…見る時間はあるのに。
眠くなってきたので寝ます。
それでは、また。

べんきょ〜かい

PCが欲しいけどいざ手に入れたら何をするかは決めてないカルビィです。
最近のスマホは何でもかんでも出来て便利ですね。

皆さん勉強って得意ですか?
私は苦手オブ苦手です。 苦手中の苦手。
ずーっと椅子に座り続けて紙と向き合うなんて無理です。
まぁこんなこと言う割に床に寝転がって同じゲームずっとやってる訳だけど。

とにかく退屈って一言で表せないぐらい面倒です。
出来るなら避けたいし学生の本分とかガン無視して寝ときたいって毎日思ってます。
燃やしてやりてぇ!

ところが世の中は残酷ですね。
この世界は勉強で成り立ってると言っても全く過言ではないのです。
かなり昔の戦争ばっかり起こってた時代とは違って何に関しても勉強ってパスが必要になってきますね。

単純に上を目指す為に必要ですね。
指標になるんですから。
このブログを書くのにもそうです。
文章を書く為には勉強必須。
勉強してなかったらこんな文は書けてませんでした。
最近では芸人さんなんかの一見勉強が求められていない職にも求められてきてます。
クイズ番組なんかで好成績を残した芸人さんはよくテレビで見ますね。 残さない芸人さんは見ません(超偏見)。

周りを見ると何処にでも勉強が潜んでるって訳です。
凄いですね。
もし勉強がなかったらこの世の中どうなってんでしょーか?
いや想像出来ません。 悍ましい限りだと思います。

てなわけで、私達はやりたくもない勉強をやらなきゃ生きてけないってことです。
なんて酷いんだ!?



…そんな酷い物をラクにやる方法が存在するんですよね。
この『クスリ』を使えば、あなたのきらいな勉強も、すぐに楽しい物に早変わり。
気分が高揚するよーな効果もあり、副作用は…それほどですが、兎に角あなたの世界が変わること間違いナシです!!
さぁさぁさぁ、早くあなたもこの『クスリ』買って打ってみて下さい!!
少々お値段が高いですが、今ならなんと〇〇円で…
違法じゃなく合法で………

リンチャーネット(?)

たまには連続投稿もいいよね。なカルビィです。
スカウォがHD化されるって事で超絶興奮しました。 あの作品私大好き。

今回は結構他のとは毛色が違います。 ダメダメ理論
が気になる人は回れ右して逃げましょう!

このブログの記事って何書いてもいいとは言え何書くかを毎回悩むんですよね。
いえ、正確には何を書いても良いわけでは無いですけどね。どっちゃねん!
私の中ではある程度書いていいことと悪いことを分けてるのです。

というのは、『なんでもかんでも好きホーダイに思った事書いちゃってOK!!』
だと不快に思う人がメチャクチャ増えるからです。
なんで、私に関する事以外で批判的な書き方はなるべく避ける様にしてます。
だって嫌でしょう、この文体で『〇〇の■■は、うんたらかんたらでクソだねぇ!!!!!だめだよねぇ!!!!!』なんて愚痴垂れ流されたら。
書く方はストレス発散になりますが、見る方としてはサイアクって感じですわ。
私は愚痴をぐちぐち言うような人間じゃあーりませーん!

ってのは建前。実際には批判が怖いっす…(オイ)

最近はネット環境が誰にでも手に入れることが出来る時代な訳ですから、まぁ様々な人らがココや他の所を見に来るんですよ。
んでそんな中でも一際異彩を放つ、ちょっとやそっとの批判が何倍にも嫌に感じる、ちょいとウブな人らがさっきみたいな状態の私のブログを見つけるとしますよ。

ネットってのは怖いですね。
思いっきりブン殴ってきます。
物理的ではなくネット上で。 つまり大幅に批判をされるということです。
Twitter掲示板なんかでブログの写真を貼り付け、ともかく発言者の私にメンタルダメージを与えてくる様になります。
発言力が弱い人の拡散なら大した事はありませんが、これが同じ様な思考を持った人々が集まると大変。
あれやこれやと難癖を付けまくり、リンチの如き所業になっちまうんですよ。
批判的発言をしてた人が違う方面から超批判されるっていう…それなんてギャグ?

しかもこれの悪いとこ。
当然ながらこーゆー状態を作った私には弁明の余地なんて無いって事です。
だって上の様な発言しなかったら良かったんだもんな、で片付けられちゃいます。
『やめて下さいよ』とか100%NG。
燃え広がるどころか灰すら残りません。
コッチからは消火出来ず、燃え終わるのを待つ。
正直苦行ですね。

…ん?コレって見たことありますね。
現実でよく話題のタネになってるいじめじゃないですか?
そう。 ああいう現象っていじめと一緒じゃんって思ってます。
相手に弁明の余地が無いから消沈するまで殴るなんて正にそう。
というか大元の理由が感情論ってのも似てる。
怖いとこですねー、人の…多分タガが外れてしまうんでしょうな。

無意識的だと言うのも通じる所はあります。
私たちももしかしたらネットリンチを何回かやってるのかも…!?
そうならない為にも、自分を抑えるのは大事ですな。

そーゆー訳で私はここでそんなに批判的な事を言わない様にしてるわけです。
やんわりした発言とか、角の立たない様にしとけば目立たないし、気に触れることも無いでしょうし。
文句の言いようのないブログが最良ですね。

ただ、自虐はまぁセーフじゃねーの?って曖昧な基準でやってます。
ある程度なら別にそんな気にする人っていなさそうだし(希望的観測)。

というか記事のテーマもネガ振り撒くより普通に紹介してホメまくる方が楽です。
ただの粗探しより簡単でイイ!

という訳で今回はネットのリンチ的な話を書いてみました。
このブログでこんな知的(?)な文書くのは初めてかもしんない。 身内見ないでほしいわ!
??いや、ブログって本来こういうことを書く場所だったよな? ま、いいでしょう。

それでは、また。